スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

3DS「ブレイブリーデフォルト」をクリアしたよ【ネタばれあり】

「BRAVELY DEFAULT -FLYING FAIRY-」略してBDFFですが、
のーんびりとプレイしていてようやく完全クリアしました。
賛否両論の点や不満点などもありますが、個人的には「大絶賛」レベルでいいと思います。
FC時代からRPGに慣れ親しんできた人種にとっては

・ナンバリングタイトルではないオリジナルタイトル
・本格的なRPG
・オーソドックスな世界観(?)

と、ベタベタでありながら遊び応えのある素晴らしいゲームだったと思います。

このゲーム、実は世界観が非常に重要視されていまして、
そこを利用した仕掛けが幾つか散りばめられています。
クリアした後の感想も踏まえて、俺なりの解釈をざっと書いておきたいと思います。

壮絶にネタばれしてます。
このゲームはネタばれしてしまうと魅力と7割近く損なうので
その辺はご理解ください。
■ 戦闘システム
後半は敵が強めなので、行動力の蓄積と前借りが出来るブレイブとデフォルトの使い方が重要です。
雑魚は基本、全員ブレイブx3で1ターンキルを狙わないと大きな被害を受けます。
ボスでは逆に「短期決戦よりも多少長引いてもボスの激しい攻撃から身を守り、立て直す方法を確立する」のが重要です。
ある程度、ボスの行動には傾向があるので適度にデフォルトして、ブレイブ後にBPがマイナスにならないようにする事が大事です。
まぁ、アビリティの組み合わせ次第ではラスボス以外は1ターンキルする方法もあるのですが。
簡単な所では全員が「吸血技+ゲノムアビリティ強化+物理攻撃特化のサポートアビリティと装備」にして
戦闘ではブレイブx3でゲノムアビリティの火球(物理防御貫通の火属性物理攻撃)をやれば、
合計ダメージ1ターンで10万以上を簡単に出せます。
火属性の耐性持ちには水しぶきや凍土あたりで代用すれば同じくらい行きます。
後半はこれでごり押しましたが、アビリティの組み合わせによる戦闘の幅は非常に広く
逆にそれらの組み合わせを駆使しないと隠しボスはとてもじゃないけど倒せません。
ごり押しも出来るけどトリッキーな遊びが出来るこのシステムは非常に素晴らしいと思います。
ただ、ブレイブを併用した後のコマンド入力が面倒でしたね。
「ブレイブを任意回数実行⇒ブレイブ分、コマンドを選択(都度コマンドカーソルはデフォルト位置に戻る)」というのが
とにかく面倒で、出来ればカーソルは戻らずに同じコマンドを連続で選択し易くするとか出来たら良かったかも。

5章以降はお金の使い道が殆ど無いので金が不要、なのでグロウエッグつけっぱなし
結果として割と早々と全員レベルカンストと、バランス調整はかなり雑。
アビリティ組み合わせによるバランスブレイカー級の戦略を使わないとしたら、
ラスボスはそれに見合った強敵だったりもしますが、ここはどうにかならんかったか。
(レベル的には5章突入時点で5~8章+終章、真終章がクリア可能)

■ 真の敵
もうこのゲームを語るにはここから始めないとどうしようと無いと思います。
勘の良い人なら2章でオリビアが死亡した後辺りから気付くと思いますが、
アニエスたちの真の敵はエタルニア公国ではなく、エアリーです。
ちなみに終章または真終章のどちらかをクリアすると、タイトル画面のタイトルが
「BRAVELY DEFAULT -FLYING FAIRY-」から「BRAVELY DEFAULT -LYING AIRY-」に変わります。
「LYING AIRY」少々綴りは苦しいですが、「嘘つきエアリー」と言う事です。
前述のオリビア死亡後のテンパってるアニエスに対する、エアリーの配慮に欠ける発言が
余りにも仲間らしくないので、ここらでエアリーが少なくとも味方ではないと気付けるでしょう。
しかしエアリー、火属性が弱点でムシキラーで特攻とか笑った、確かに虫だろうけどさぁw

ちなみにこれらが分かってから「Dの日記」を読み直すと、
彼は最後にエアリーの正体と、「6」について書き記しています。
エアリーとの戦いで「俺が気付かなければならなかった!全てを知っていた俺が!!」と言っていますが
これと日記を見ると(わざわざ6を書き残していますし)、かなり真相に近い所まで知っていたのでしょうね。

■ 何度も繰り返す世界
これはアニエスたちの置かれた状況を考えると一緒に体験するという意味では良かったと思います。
ただ最終的には4つのクリスタルを5回、解放する事になるので非常に手間です。
解放するさいのボタン連打も演出上必要なのは分かりますが、ここはスキップ出来ても良かったかも。
もしくはストップと言われるまでの連打回数を極端に減らすとか。
サブイベントを無視してテキスト飛ばしまくれば1時間くらいで5~8章は終わりますが、
世界がループしているわけではなく、並行世界に移動しているだけなので微妙に人間関係変わってたりで
物語を楽しみたい人は結構大変でしたね。
俺は某「ドラゴンナイト4」でRPG(ドラナイ4はSLGですが)のループに耐性があったので楽しめましたが
それでもちょっとうんざり気味ではありました。

■ マルチエンド
このゲーム、全9章となっていますが、5~6章辺りからはいつでも終章に行けます。
エアリーが敵だと分かりつつも当面放置するしかない状況で
・クリスタルは解放し過ぎると暴走する
・そこから更に祈りをささげるとクリスタルは壊れる
・クリスタルは壊れても数千年で復活する
・エアリーの目的はクリスタルを解放(?)させること
以上を踏まえた上でリングアベルが少しずつ「クリスタルを壊したらどうなるんだ?」と煽ります。
そしてここで5~8章の間に解放するクリスタルを、どれでもいいので破壊した瞬間、
エアリーは本性を現して終章に突入するわけです。
──が、実はこれが罠。
貫いた世界の数が目標に達していないので、エアリーの背後にいる真のラスボスは出現しません。
エアリーを倒してエンディングですが、そのうち真のラスボスはまたエアリーのような奴を送り込んで来るでしょうね。
これだけクリスタルを壊した方が良いように思わせておいて、実は壊さない方がいいという逆を突いた展開は面白かったと思います。

■ OPのARムービー
実はここがエアリーの正体につぐミスリードかもしれません。
先に結論から言ってしまえば、「ARムービーのアニエス≠本編のアニエス」であり、
「ARムービーのアニエス=ペンダントの声の主=天使」ではないかと思います。
普通にプレイすると、あれはクリスタル神殿が闇に飲まれた時の場面と思います。
初見でここに気付いた頃はおそらく6章以降くらいで、細かい内容は忘れているかもしれません。
ARムービーのアニエスは「卑劣な罠に」「私が愚かでした」と言っています。
これ、レスター卿とユルヤナから聞いた。1800年前に出現した天使の発言と同じです。
あのARムービーはホーリーピラーでエアリーの本性に気付いたが敗北し、
一人残ったアニエスが「並行世界の光の戦士達」に後を託している場面でしょう。
だから最後に「傷ついた仲間たちを置いて行けない」と言い、闇へと落ちて行きました。
死にかけたアニエスはそのまま並行世界の1800年前に流れ着き、
そこが過去である事を知ると全てとレスター卿とユルヤナに託したという事でしょう。

ただこうなると、少なくとも5つの並行世界の1800年前に天使が出現した事になり、
「天使が出現した世界の数だけ、アニエスたちは敗北したのだろうか?」と言う疑問も生まれます。
ラスト5番目の世界のアニエス達が世界を渡り、エアリー達を倒す事に成功しましたが、
途中、志半ばでアニエスが死んでいる世界などもありました(並行世界を移動した為、同一存在が排除されてるみたいです)
こうなると天使が出現した世界と、アニエスがエアリーに敗北した世界の数が一致しないような…。
天使が出現せずにアニエスが敗北した世界も相当数あり、ラスト5つの世界には全て天使が出現していた、と仮定すれば説明つきますけど。

■真のラスボスの目的とか
ウロボロスは神界へ攻め込むためのエネルギーを得る為に世界を喰らおうとしています。
ただ、沢山の世界を喰らう必要があり、その為にエアリーを使役していたのです。
クリスタルを解放したエネルギーでホーリーピラーを生み出し、ホーリーピラーは別の並行世界の
ノルエンデ村を貫いて道を作り、エアリーはそこから出現しました。
エアリーとの戦いで一人生き残ったアナゼルも一緒にそこから移動したのでしょう。
並行世界では同一存在は排除されてしまいますが、アナゼルはイデアを失ったショック?で
記憶を失ってリングアベルとなっていたので、アナゼルが排除されることは無かったのでしょうね。
そういう意味でウロボロスはリングアベルをイレギュラーと呼んだのでしょう。

■すれ違い通信が演出を担っている最後の戦い
ウロボロスは並行世界を喰らってそのエネルギーで「ワールドエンド」という全体攻撃をしてきます。
ここで喰われる並行世界、それは「別のプレイヤーが遊んでいるBDFFの世界」です。
つまりすれ違い通信ですれ違った人たちのプレイするBDFFは並行世界のアニエス達、という設定です。
ワールドエンドを使うたびに「お前たちが抗えば抗う程、世界は消えて行くぞ!」と煽られます。
(これ、ウロボロスは結局世界を全部喰らって神界へ殴り込むのだから脅迫になっていませんが)
目の前で次々と消えて行く世界に一度は心が折れかけますが、そこでペンダントが光を放つのです。
このペンダントは今まですれ違い通信で「配信」と「召喚」をする為に使っていたペンダントです。
「〇〇(アビリンクに登録したユーザ)の世界」へとアニエス達の願いは伝わり、
〇〇の世界ではアニエス達が世界を喰らおうとするウロボロスの触手と死力を尽くして戦い、それらを断ち切ります。
「自分たちの世界は自分たちで守る!だから思う存分戦ってくれ!」と並行世界の仲間たちがエールを送ってくるのです。
実際はともかく、演出的には「全ての世界を救おうと戦うプレイヤーを、他のプレイヤーたち全員が援護してくれる」というシチュエーションです。
この演出の為だけでもいいので、公式サイトで配信されてる有志のアビリンクを登録する事を強く推奨します。
誰も登録していないと「COMタロウ」といった味気ない名前になってしまいますのでw

やっぱり「絶望的な状況を、皆の力+奇跡で打破して反撃する」ってのはベタだけど燃えるよね!

■神世ってどこ?
これは現実世界で確定でいいと思います。
ウロボロスとの戦いの背景は暗雲が流れているのですが、ウロボロスが「神界が見えて来たぞ!」と
言うと同時に、3DSのカメラがこっそりと起動します。
そして暗雲の切れ目からカメラに映っている背景(=プレイヤーの顔www)が映り込むのです。
つまりウロボロスは万を超える世界を喰らったエネルギーで現実世界へ殴り込んで来ようとしているのですね。

■最後のティズ
真終章のエンディングで、ティズは「借りていた物を還さなくちゃね」と言い、
弟の墓の前で赤い光を放ち、その場に倒れます。
あのティズが死んだかどうかは明確にはされていませんが、希望としては生存、妥当な線では死亡、って所でしょう。
そしてあの光、あの光こそが実はプレイヤーではないかと思います。
根拠としては召喚士メイフェアと対峙した時に、ティズの魂が入れ替わっている事を示唆される事、
それとOPでノルエンデ村が消滅するムービーで、ティズが助かった演出が無い事、
そして「アナゼルの日記」を読んだ限り、アナゼルがティズを発見した時点で彼がおそらく死亡していた事からでしょう。
そう考えると、色々と面白い事が見えてきます。
ARムービーのアニエスが呼び掛けていたのは、プレイヤーに対してだったのではないか?
「光の戦士に伝えてくれ」と言うのは、アニエスがプレイヤーに全てを託したという事かもしれません。
ペンダントが並行世界のアニエス達とリンクできるという事は現実世界を介しているはずなので、現実世界への呼びかけも可能と考えられます。
アニエスが消えた後の「あなたには聞こえましたか?」というのもプレイヤーに対してだったのかもしれません。
更にメイフェアがティズの魂を見破ったという事は、現実世界に対して干渉する事が出来るという事かもしれません。
そうすると、召喚魔法で召喚獣が明らかに現実世界から召喚されているのも納得行きますね。

■最後のリングアベル(アナゼル)
終章のリングアベルは一人、イデアが死んだ場所にそっと花を添えて終わります。
真終章では、エアリーに追い詰められたイデア達の元に駆けつけ「今度こそ守って見せる」と剣を構えます。
どうやらリングアベルだけは、彼が本来いた世界へ、それも時間を遡って帰還したようです。
そんな事出来るのかと思いましたが、良く考えたらこれまで並行世界を移動した際もある意味で
クリスタル解放前の時間軸へ戻っているとも言えるので、不可能ではないかもしれませんね。
何よりも、演出的にはこちらの方がドラマチックですしね!

■エアリーの姉
これが最後まで残った謎。
エアリーとうり二つの彼女がエンディング後に現れ、「妹の企みを阻止してくれて有難う」と言います。
エアリーはウロボロスに作られたと思いますが、その姉という事は…?
しかもあれ、多分最初に現れたのもこの妖精だったのではないかな。
続編が出るんじゃないかって噂もありますが、ソーシャルゲームの方とかで補完されるのかな?
あっちだとイデアがイデア・オブリージュと名乗っていて、クリスタルにかなり密接な存在になっているぽいし。
(オブリージュという名前は、どうやらクリスタルの巫女だけが名乗っているようなので)


そんなわけで色々と考察のし甲斐があるゲームではあります。
プレイ時間は90時間(うちやり込みが40時間ほど)、大変楽しみました。
こんな感じでオリジナルのタイトルが今後も出るといいなー、と期待してます。

テーマ : ゲームプレイ日記・雑記
ジャンル : ゲーム

コメントの投稿

非公開コメント

No title

今6章に入り、この記事を読ませていただきました
正直凄く鳥肌が立ちました。こんなに奥深いシナリオがあったとは・・・
プロフィール

なおっき-

Author:なおっき-
30歳を越えましたが、心は永遠に思春期です。
いまだに中二病全開なゲーオタですいません。
いやほんとに

GamersTag : NaockyLazy

リンクはフリーダムなんだっぜ!
出来れば相互もさせてください、よろしくです。

Twitter TL
最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク集
コミュニティ
実況ゲーム戦記
生放送○○戦記
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。